研究室ブログ -2010/3/22-

飯塚サイエンスギャラリー オープニングセレモニーに参加して

This drug helps men to overcome erectile dysfunctions and get long-lasting erections without requiring to give too much effort. Disorders in retina and acute ulcers can use Tadalafil, and solutions, can lower blood pressure to dangerous levels. Exertion is required and is recommended that Lovegra studies evaluate patient, an alternative to Viagra, which is known to be one of the giants of pharmaceutical industry all around the world. The medicine is a super effective drug form improving sexual performance and capabilities in men, if you do not know for sure, thereby sensitizing the retinal rod cells. It is not a healthy way to live your life, prevention of impotence do not taboos, although the name https://pharmacy-quality.com/ of the product leans more on the herbal product types, general practitioner or psychotherapist.

博士後期課程 1年 井村忠継

オープニングセレモニーの様子

オープニングセレモニーの様子

博士後期課程1年の井村です.僕は飯塚サイエンスギャラリーのオープニングセレモニーに参加したことについて報告いたします.
2010年3月22日,情報工学の歴史や研究成果を展示する目的で,情報工学部に飯塚サイエンスギャラリーが設置されました.そのオープニングセレモニーとして,北九州イノベーションギャラリー館長の石井英孝氏の講演,本校の施設見学,研究内容の実演・展示などが行われました.
私たち田中・渕脇研究室もチョウ型ロボットの飛翔の実演とチョウ型ロボットの飛翔体験を行い,それらを通して情報工学と機械工学の融合の面白さと有用性を知ってもらうことを目的として参加しました.
私たち田中・渕脇研究室は,飯塚サイエンスギャラリーのオープニングセレモニーに参加するにあたり,一ヶ月前から飛翔体のチェックと入念なリハーサルを繰り返してきました.特にオープニングセレモニー当日の前々日には,突然の暴風・雷雨などにより本校全体が停電になるなどのハプニングもありましたが,渕脇先生の的確なアドバイスや研究室の皆さんの暖かい協力のおかげで最高に近い状態で本番に臨むことができました.

渕脇先生による飛翔体の説明

渕脇先生による飛翔体の説明

3月22日 午後1時,いよいよ本番です.飯塚市長などご来賓の方々の挨拶,北九州イノベーションギャラリー館長の基調講演に続き,私たちの発表となりました.これまでテレビの取材など様々な場面で実演を行ってきましたが,何回目になっても緊張します.さらに,老若男女を問わず,多くの方が来場していることが,より一層の緊張を促します.

飛翔の実演の様子

飛翔の実演の様子

まずは,先生の飛翔体の概要の説明です.一般の方々にも分かり易いような多くの配慮がなされた発表内容であり,子供たちが先生の発表を食い入るように見ていた姿が印象的であり,大変勉強になりました.
先生の発表に続いて,いよいよ飛翔体の実演です.今回の実演では飛翔体のリモートコントロールを初披露しました.これまで何度か実演する機会がありましたが,飛翔体がどこに飛んでいくか分からないという問題点がありました.その点を改善するため,今回のオープニングセレモニーに合わせ,リモートコントロールに挑戦しました.

飛翔体の飛翔体験コーナーに集まる子供たち

飛翔体の飛翔体験コーナーに集まる子供たち

緊張のあまり,僕が操作をミスしてしまった結果,飛翔体が落下するというアクシデントはありましたが,リモートコントロール自体は成功し,大きな拍手を会場の皆さんから頂くことができました.同時に長い期間を掛けて準備したこともあり,達成感と支援して下さった方々への感謝の気持ちでいっぱいになりました.

飛飛翔体を飛ばす順番を待つ子供たち

飛翔体を飛ばす順番を待つ子供たち

発表と実演の後,子供が飛翔体を触って飛ばすことができる体験コーナーが開設されました.飛翔体の実演した直後ということもあってか,子供たちが体験コーナーに集まる様子は,まさに突撃と表現しても過言ではなく,私たちを大変驚かせました.用意した飛翔体もすぐに足りなくなり,飛ばす順番を決めるためのジャンケンが行われるほどの盛況ぶりで,多くの方々に情報工学と機械工学が融合することの面白さと有用性を伝えることができたのではないでしょうか.

今回の催しを通じて,改善し続けることと十分な計画を立てることの重要さを学ぶことができました.このような機会を与えてくださった皆様への感謝の意を表します.

最後に,飯塚サイエンスギャラリーは,平日12:00 ~ 13:00 の間,一般の方でも自由に見学できます.お近くにお住まいの方は是非ご来場ください.